2018/06/09

クレソン21日目

間引きが必要なのね
もう遅い?

クレソン20日目

クレソン19日目

2017/11/06

Essential Phone $24.46 refundされた

2017/11/2 に、$24.46 x 116.067 = ¥2839 refound された。
トータルで $741.96 x 112.056 = ¥83141 - ¥2839 で ¥80302 でした。

#ここは投稿日付ずらせないんだね。。

2017/10/24

Essential Phone $200安くなる

早くも$200も安くなるとのことでちょっとショック。
blog の https://www.essential.com/blog/an-awesome-device ここからoffering a $200 friends & family code に飛んで S/N と IMEI を送れば$200クーポンをくれるみたいだが、最大15日かかると言われて何の反応もなく。。
クーポンもらったところで日本への発送に対応してない Essential のサイトでしか使えないだろうからな。。
転送サービス使ってもう一台買ってみるか?

2017/09/24

Essential Phone PH-1

Essential Phone PH-1 が届いたので、Out-of-box experience 的なメモを残してみる。

■値段
米アマゾンで、送料や Import Fees Deposit (一部は返ってくるか?)を合わせて、$741.96 x 112.056 で、83141 円でした。 
送料は一番安いのを選択したけど、i-parcelと佐川のサイトでトラッキングできて特に問題はなかったです。

■外箱
ビニールで包まれてるが、粉っぽくて汚かった。。輸送中にホコリが発生した?


■裏からペリペリやぶって開ける


 ■中身
本体、チャージャ、チャージャケーブル、ヘッドフォン用ケーブル
あと、SIMスロット抜出用ピン


■チャージャが妙にかっこよかった


■背面は黒だけど鏡のようにピカピカ、セラミックらしい

■初回起動で、SW Update が見つかった


■起動後の画面は、いろんなサイトで見るのと同じだね

■所感
Snapdragon 835 だけあってサクサク。
Xperia XZs (Snapdragon 820) で十分サクサクだったけど、さらに軽い感じ。

Xperia XZs と比べると、狭額さがかっこいい。素の Android だし、狭額さだけぐらいしか取り柄はないかも?
というか Xperia はなんであんなに広いのさ? 最新の(まだ国内は発売前の)XZ1でも残念な感じだよ。。

カメラはいまいちピントが合わない感じ?1枚撮影するとしばらく2枚目が撮影できなかったり、突然カメラアプリが死んだりして、ダメダメ。ま、そのうちUpdateされるっしょ。

APN は最初から IIJMio のが入ってた。他のもいろいろ入ってた。(技適通ってないから日本では使っちゃいけないけどね)

スピーカーがモノラルなのが残念。

指紋認証が快適。Xperia XZs のはなんかシビアなので。

ベンチマークテストは、それぞれ一回しかやってないけど、Antutu 173190、Geekbench4 Single-Core Score 1924, Multi-Core score 6524 という結果でスナドラ835的には普通。冷やして、裏で動いてるアプリとか止めれば、いろんなサイトで出てる値になると思う。

追記:
touchの反応が悪くて、文字列選択がうまくできないのは個体依存だろうか?

2017/09/23

Beagleboard pocket

http://beagleboard.org/pocket
欲しい。秋月が扱ってくれないかな?

2017/09/22

A11が凄そう

https://japan.cnet.com/article/35107556/
GeekbenchでA10が5700ぐらい、スナドラ835が出てきて6000ぐらい、でもGPU側でスコア稼いでるじゃんとか言われてて、、で、A11が出てきて10000超え!
iPhone6あたりまでは、Android端末の方が性能良くてメモリも多くて安かったのに、逆転されてAndroid端末を買う理由がなくなりそうだね。。

2014/05/10

モバイルバッテリ


これ買ってみた。かわいい。

2013/08/29

BeagleBone Black に Android を入れた

#メインは、http://salt.air-nifty.com/salt/ だが、こっちの方がコード部分を見やすく表示できるかテスト中。。。


例によって micro SD に入れただけだが。
http://processors.wiki.ti.com/index.php/TI-Android-JB-4.2.2-DevKit-4.1.1_DeveloperGuide
ここの通り。

■ソースの取得。
妙に遅かったから apt-get update & upgrade した。
ら、速くなった。git の version に依るのだろうか?たまたまか?
fatal: early EOF が結構出てたのがなくなった。
mkdir -p work/BBB/android
cd work/BBB/android
repo init -u git://gitorious.org/rowboat/manifest.git -m TI-Android-JB-4.2.2-DevKit-4.1.1.xml
repo sync -j8
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
repo sync -j8

■u-boot の build
export PATH=~/work/BBB/android/prebuilts/gcc/linux-x86/arm/arm-eabi-4.6/bin:$PATH
cd ~/work/BBB/android/u-boot
make CROSS_COMPILE=arm-eabi- distclean
make CROSS_COMPILE=arm-eabi- am335x_evm_config
make CROSS_COMPILE=arm-eabi- -j4

■kernel の build
cd ~/work/BBB/android/kernel
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-eabi- distclean
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-eabi- am335x_evm_android_defconfig
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-eabi- uImage -j4

■Android の build
cd ~/work/BBB/android
make TARGET_PRODUCT=beagleboneblack OMAPES=4.x -j4
make TARGET_PRODUCT=beagleboneblack fs_tarball
make TARGET_PRODUCT=beagleboneblack OMAPES=4.x -j4 sdcard_build
sdcard_build を付けて make すれば、u-boot も kernel も全部 build してくれるように書かれてるけど、してくれなかった。ので、u-boot, kernel を build してから、sdcard_build を外して make、fs_tarball を付けて make した後に、sdcard_build を付けて make した。


■micro SD に入れる
cd out/target/product/beagleboneblack/beagleboneblack
sudo LANG=C ./mkmmc-android.sh /dev/sdX
例によって、/dev/sdX は環境に依る。
micro SD が Windows で使ってたものだとうまくいかず、一旦、sudo fdisk /dev/sdX して、d で全部消して w で消した状態のを書き込んでから mkmmc-android.sh を実行する必要があった。script 的に fdisk -l /dev/sdX を実行した結果を grep DISK してて、Windows で使っていたものだと DISK になるところが FAT32 とかになってしまって見つからないみたい。
途中で出る
cp: cannot stat `START_HERE': No such file or directory
というエラーは気にしなくていいはず。START_HERE を指定しておくと、そこからもコピーしてくれるっぽい。


2013/05/09

Xperia Z からテスト投稿

横浜ヨドバシの地下、名前忘れた

2012/07/24

test

test from android

2012/02/10

test

test from android

2011/02/04

2009/10/19

2006/10/30

2006/07/24

2006/05/12

夕焼けが綺麗だったなぁ。 Posted by Picasa